一二三書房 公式サイト

桜ノ杜ぶんこ 戦国ぼっち7 〜The Nightglow Monster in Kyoto〜発売中

桜ノ杜ぶんこ 戦国ぼっち7
著者:瀧津 孝
イラスト:みことあけみ

戦国の京は、謎と美女だらけ!
人々を襲う光る魔物、謎の仮面の美女、秀吉に迫る陰謀とは?

「三好麗というおなごはんは生きておいでや。今頃は京の都に着いていなさるやろう」
悲しみに明け暮れる一郎太たちの前に、巫女姿の少女・雀憐が衝撃の事実を告げる。雀憐の話では、霊験あらたかなる巫女・十六夜が麗を助け、京の都に向かっているとのことだった。
一行は雀憐と共に京へ急ぐ。天下人・秀吉にまみえた一郎太は、光る魔物──〝鬼火猩々〟が都人を襲う事件が多発しており、しかも十六夜と麗も事件に巻きこまれたことを聞く。一郎太は秀吉から事件解決を託されるのだが、そこには都を取り巻く大きな陰謀が進行しているのだった……。
【京の光る魔物事件 前編】


桜ノ杜ぶんこ 戦国ぼっち7を立ち読みするマウスオーバーして表示されるボタンをクリックするか、←→キーで次ページ・前ページへ進みます。

本体660円+税

ISBN:978-4-89199-313-9
文庫判 280ページ
2015年4月5日発売

©HIFUMI SHOBO