一二三書房 公式サイト

ストーリー

奥志麻では、秋になると『真知廻』と呼ばれる、『ヒトデナシ』たちの宴が始まる。千里家を継ぐと決めた一條は、その席で長老たちから「名跡」として認められなければならない。何ごともなく予定通り進んでいるように思えたが、再び現れた千里十行によって事態は急転直下混沌とする。
「マイサンに資格がないのを証明しようじゃないか!」

長老たちの前で十行との対決を余儀なくされる一條を助けるべく、動き出す碧流、叔美、アカハたち。だが、全ては「名跡」を奪い取る為に仕組まれた十行の罠だった。
選択視を消し去る『力』を前に、選ぶ余地のない窮地へと追い詰められていく一條の『選択』は───

お待ちかねのスラップスティック・ブックアドベンチャー、第三弾!